シェアオフィスとレンタルオフィスの違い

シェアオフィスとレンタルオフィスの違い

これから事業を始められる事業主が最初に決めなければならことが、事業所の住所です。

今回はレンタルオフィスとシェアオフィスの違いについて解説したいと思います。

◆シェアオフィスとは
1つの部屋(オフィス)を複数の業者がシェアして利用します。
一応仕切りで区切られているので、個々の空間のプライベートだけは守られますが、セキュリティーとしては安全とは言えません。

メリットは、他の企業との距離が近い為、休憩時間などに異業種交流を深めて新たな発見が望めることです。

また利用料金も低価格なのが魅力です。

費用を安く抑えた分、立地環境の良い場所のシェアオフィスを利用するなんて手も魅力があります。

最近では、デザイナーさんが携わったオシャレな内装のシェアオフィスも流行です。
共有スペースなども充実しており、フリードリンクサービスが提供されるビルもあるようです。

「とにかく仕事をするスペースが欲しい」
「費用を抑えたい」
「異業種交流を育みたい」
「開業届に記載する住所が必要」

このような理由がある方にはオススメします。

※事業所として登録できないシェアオフィスもありますので注意が必要※

◆レンタルオフィスとは
その名前の通り「鍵の付いた個室丸々1部屋」のオフィスのことを指します。

完全に独立しているので、外部との接点はありません。

メリットはセキュリティ面ではシェアオフィスよりも断然安全です。
また、中規模スペースを借りれば会議やプレゼンにも活用できますので、幅広く事業を展開させることが可能です。

もちろんですが、1部屋を貸切る分、シェアオフィスに比べて費用も高めです。

「絶対に他人には知られたくない超機密データがある」
「会議などで、多くの人員を集める機会が頻繁にある」

といった理由がある方にはレンタルオフィスがおすすめです。

◆まとめ

従来ならこのレンタルオフィスが主流でしたが、最近では

「鍵付きの部屋が本当に必要なのか?シェアオフィスがNGな理由が見当たらない。」

このように思う企業が増えてきているので、流行はシェアオフィスといったところでしょう。

ご自身の事業形態によって、
シェアで十分なのか?レンタルオフィスが必要なのか?
理由を深掘りしてから決めるようにすると効率的です。

PR|英語上達の秘訣|JALカード|女性の人生|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|マッサージのリアル口コミ.com|ショッピングカート|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|生命保険の口コミ.COM|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|